リスクが減る

USBメモリの利点といえばやはりその携行性でしょうか。ですが持ち歩く機会が多いということは、それだけ紛失、盗難のリスクが高まるということでもあります。近年、様々な機密や個人情報の漏えいが大きな社会問題となっています。大切なデータを第三者に読み取られぬよう、パソコンや携帯電話と同等以上のセキュリティを確保すべきです。USBメモリのセキュリティを保持するためのもっとも一般的な方法は、パスワードを設定しデータを暗号化することです。そうすることで権限のある人間以外はアクセスできなくなります。

USBメモリ内のデータを暗号化し、パスワードを設定する方法はいくつかあります。一般的なのはUSBメモリ専用のセキュリティソフトを利用する方法です。有料のものはもちろん、フリーソフトもいくつかあるので、自分の求めるセキュリティレベルにあわせて選びましょう。また、USBメモリそのものにセキュリティ機能が備わっている製品もあります。ソフトのインストールすら不要で、最初に利用する際、自動的にパスワードの設定を要求されます。登録したパソコンであればパスワード入力を省略することも、もちろん可能なので状況に応じて使い分けましょう。ただ、これはパスワードを用いたセキュリティシステム全般に言えることですが、パスワードそのものを第三者に知られてしまうとどうしようもありません。ですので、最近ではさらなるセキュリティを備えた指紋認証タイプのUSBメモリも登場しています。