大量にコピー可能

USBメモリはパソコン本体と同様にウイルスが侵入する余地があり、他のパソコンへ接続した際に、ウイルスを移す可能性もあり、移される危険性もありますので、様々なセキュリティ対策を施す必要があります。例えば、1つの対策として、他のパソコンでは読み込み専用となるように制御をする方法があります。この制御の下では、他のパソコンに接続した際にウイルスがUSBメモリに侵入することを防御できます。また、パスワードの長さや文字種別、有効期限に対する規則を厳しくするだけでなく、パスワードを3回間違えたり、有効期限が切れた場合は、USBメモリ内のデータを自動的に消滅させることもセキュリティ対策として考えられます。

USBメモリは、気楽に持ち運べる反面、紛失する危険性も帯びています。ウイルスに感染することとは別の次元でデータ漏洩の可能性を秘めています。そこで、USBメモリ内のファイルやデータを暗号化する方法もあります。暗号化されていれば、それを復元するソフトウェアがなければデータを参照できなくする対策です。もちろん、復元にはパスワードの入力が必要になるため、容易に解析されることはありません。このようなセキュリティ対策をより厳しくするためには、個人で購入したUSBメモリの使用を禁止するという全社レベルでの規則を確立することも有効です。つまり、USBメモリは全て、会社から従業員に貸与する運用にすることも、最初に検討すべきセキュリティ対策です。